スペインの地中海沿いの街に住むオリーブです。 主婦ですが日本語教師(プライベートレッスン)としても奮闘中。


by olivaalmeria
カレンダー

<   2005年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

道でばったり

El Ejido村に住むお友達、Tomokitoさんのレストランに
お食事に行ってきました。
詳しくはもうひとつのブログ、
オリーブのALMERIA脱出計画へ。

帰り道、バスに乗ろうと急いでいると
こっちを見ている子供達が・・・・。
そう、この前サン・マルコのお祭りを案内してくれた
日本語クラスの生徒の友達だった。
「HOLA!」
と挨拶してると、生徒のAちゃん、D君も登場。
違うシチュエーションで会うと、なんだか緊張しちゃう。

一緒にいた夫のアンドレ、Tomokitoさん、AKIさんを紹介。
そこでアンドレがひとこと。
「成果を試してみたら?」
そうだっ、緊張して気がつかなかったけど
自己紹介の練習の絶好のチャンス!

「自己紹介、日本語でしてごらん。」

「・・・・・」
はずかしがって、なかなか言葉が出ない。
でも
A&D   「はじめまして・・・・。」
T&A   「はじめまして。」

オリーブ 「名前は?」

A&D  「私はAです。」「私はDです。」
T&A  「私はTomokitoです。」「私はAKIです。」

オリーブ 「それから?」
A&D   「・・・・・」 忘れたらしい。

オリーブ 「どうぞ、よろしく。」
D&A   「どうぞ、よろしく。」
T&A   「どうぞ、よろしく。」

なんとか自己紹介終了。
クラスでは簡単にできてることも、実際に使うって難しいのね。
でも、日本人のいないここアルメリア、
こんな機会にめぐまれて、よかった。
[PR]
by olivaalmeria | 2005-04-29 23:52 | 生徒

これをください。

E君のクラス。
先週、みんなの日本語 第3課の会話「これをください。」を基本に
会話練習をしていたので、今日はその復習。
DVDを買いに行く設定。
「~売り場はどこですか。」
「これは何ですか。」
「いくらですか。」
「~円です。」
「じゃ、これをください。」

の練習。さらに 

「全部で~円になります。」
「~円のおつりになります。」

を加えてみた。

先週、E君が貸してくれたX-JAPANやGacktのDVDに加え、
オリーブのパコ・デ・ルシア(フラメンコ・ギター)やアレハンドロ・サンスも置いてみたけど
お買い上げはやっぱりX-JAPANとGacktのDVD。

次は本屋に日本語関係の本を買いに行く。
西和、和西の辞書のほかに、みんなの日本語やその他の本も並べてみた。
本って、値段が書いてあるから便利。

E君が買った後は売る番。
あれこれの値段を聞いていく。
やっぱり数字は苦手らしい。
合計が大変なので、買い物は2つまでにしてあげた。

個人授業なので、クラスが単調になりやすいけど
今日は楽しくできたと思う。
日本円の値段がついたものをあまり持っていないので
次回は買い物カードでも作ってみようかな?
[PR]
by olivaalmeria | 2005-04-26 23:16 | 今日のクラス

サン・マルコのお祭り

日本語クラスの生徒に誘われて、近くの村(エル・エヒド村)の
サン・マルコ祭りに行ってきました。

d0015302_6241714.jpgアルメリア市内から、バスで約45分。
この村は野菜の産地として有名。
だからビニール畑が「これでもか」というほど広がっていて
月からもここのビニール・ハウスの光の反射が確認できるほどと言われてる。

D君、Aちゃん、Jちゃんがバス・ターミナルまで迎えに来てくれた。
今日はこの3人が案内役。
お祭りのメインは、聖マルコの像。
それに続いて、鼓笛隊、200数台にわたる山車が続く。
d0015302_6244812.jpgこの山車はコンテストになっているので工夫が凝らしてあり、
優勝すると賞金が出るらしい。
でも、ほとんどは飲んで、踊って、騒いで、
「動くBAR」状態。楽しむが勝ちってとこ?

d0015302_6251473.jpgお昼ごはんは「エル・ロシオ」にて。
エル・エヒドで1,2を争う、有名なBARらしい。
私を案内してくれてる生徒は14~17歳の少年達。
普段は自分達だけでBARになんか行かないのに、
オリーブのためにBARまで考えていてくれたのだ。
ありがとう!

食後は公園でお散歩。
同じくマンガを描く、ルシア、タニアと合流。
2人とも、オリーブのこと知ってた。
いつも話題になっているらしい。
いい方に? 悪い方に?
それにしても、こんな地球の反対側にまでマンガが浸透してるなんて、すごい!
お天気が良く、芝生にみんなで寝っころがって・・・・気持ちいいね。

d0015302_6254246.jpg「あっ、始まった~!」
仮設に設置された、遊園地が動き出した。
んんん、行くの?
勝手に乗車券を買われた。しかもぐるぐるまわる、怖いタイプの乗り物。
この前のSEVILLAでの仮設遊園地の事故が頭をよぎる。
意を決して乗り込む。動き出した。
まずはゆっくり・・・だんだん早くなってきた。
「きゃ~、こわいっ! 助けて~」
何が怖いって、シートベルトがなくて安全バー(太い人が多いからかオリーブにはゆるゆる)があるのみ。
必死にしがみついいてたよ。
すると、急に頂上で止まる。今日はすごい風。でも動かない・・・。
「お願い、早く動いて!」
願いどおり動く。でも、ぐるぐるすごいスピード。
「きゃ~、たすけて~! 止めて~!」
また願いどおり止まる。でもまたしても頂上。
「こわい~!動いて~!」
何回繰り返されたんだろう?

d0015302_6261217.jpg
後で聞いたら、かなりのサービスをしてくれたらしい。
普段の3倍は回ってたって・・・・。
うれしくないよ~。
まあ、「助けて」と「こわい」という日本語が生徒達の頭に残ったのは間違いないでしょう。

家に帰ったら、のどはガラガラ&思いっきり日焼け。
アンドレにびっくりされました。
お祭りより仮設遊園地がメインだったけど、
なんだか楽しかった。

何がうれしかったって、このAちゃん、今週から来なくなった生徒。
その件でオリーブちょっと落ち込んでたんだけど
今日来てくれて、会えて良かった。

色々話を聞いていると、本当に大学入学のために勉強しなければならないらしい。
それでクラスに来れないんだね。
しかも、ちょっと日本の話をしたり、簡単な日本語を教えると
食い入るように聞き入ってる。
普段クールなタイプなのに、目もキラキラ輝かせて。
よかった、日本語が嫌になっちゃったわけじゃなかった。
それがわかっただけでも、収穫の一日でした。

みんな、ありがとう!
[PR]
by olivaalmeria | 2005-04-24 23:51 | 生徒

ちょっと復活

今日はJ君のクラス。2回目。
先週教えた挨拶や、数字の復習をちゃんとやってきたのがわかる。
えらいっ!
自分で作ったという「漢字カード」も見せてくれた。
表に明朝体(!)で書いた漢字。裏にはスペイン語訳と音読み、訓読みを書く欄が作られてる。
まめだなあ。
コンピューター関係の勉強をしてるって、ちょっと納得。
クラスの最後に、
「クラス、楽しいし、いろいろ勉強になる。ありがとう!」
って言ってくれたの。すごくうれしかった。

E君のクラス。
この前、年(とし)の勉強をしていたら
X-JAPANのトシのファンだと発覚。
さらにGacktも好きだって。月曜日の3人の女の子達もGacktファン。
そんなに海外でも有名なのかな?
私がGacktの歌を聞いたことがないって話したら、
今日、DVDを貸してくれた。
日本音楽の逆輸入状態。

d0015302_647556.jpg


それにしても、みんな日本語の勉強の本や、辞書を見せに貸してくれたり、
アニメの主題歌特集のDVDをくれたり、本当に親切。
今度の日曜日はD君の村のお祭りに誘ってもらった。

Aちゃんの件でちょっと落ち込んでいたけれど、ちょっと復活してきたぞ。
(単純なのだ)
[PR]
by olivaalmeria | 2005-04-21 23:56 | 悩み

残念

D君が来た。
「今日からAちゃん、クラスに来れないって。」

Aちゃんは日本で言う高校2年生。10月から新学期なので、そろそろ後半。
スペインでの大学入学のシステムは良くわからないが、
高校での成績次第で好きな進路が選べるらしい。
学校の勉強に励む為、日本語クラスには来れなくなるらしい。

「そっか~、残念だね。」

生徒がいなくなるのはもちろん残念。
しかもAちゃんは私が生徒募集のチラシを貼ってから
一番に電話をかけてきた子。
やる気も満々だった。
ところが・・・・
二人で始めたいと言ったものの
Aちゃんはひらがな、カタカナ、完璧。漢字も少しわかる。
もう1人のD君は、ひらがなもあやしく、カタカナはわからない。
Aちゃんは頭の回転が速く、飲み込みもよい。勉強も熱心。
D君はいつももたつき気味。宿題を出してもやらないどころか、Aちゃんにプリントも渡しっぱなし。

新米教師のオリーブには、クラスをどう進めていいのか悩みの種だった。
しかも、Aちゃんの鋭い文法の突っ込みにうまく答えられなかったりして・・・。
それがこんな結果に。

クラスを進めるほうとしては、これでD君に合わせてゆっくり教えられる。
もう一度、ひらがなを確認しながら、今まで教えた会話をノートに書かせてみた。
実際にクラスはばっちり。

でも、Aちゃんが気になる・・・。
本当に大学への勉強の為にやめるのならいい。
でもあんなにやる気があったのに、それを挫けさせてしまったとしたら。
自分で自分が情けない。

いつかD君がAちゃんのレベルに追いついた頃、
ちょこっと顔を出してくれるといいな。
[PR]
by olivaalmeria | 2005-04-21 19:06 | 悩み

かなカード

今日はがんばりました。
ひらがなとカタカナのカードを作ってみました。

何が大変だったって、色厚紙を切ること。
A4は0.20ユーロ、A2が0.50ユーロだったので
お得なA2を買ってしまったから・・・。
d0015302_7505440.jpgまず1時間半は定規とカッターとの戦い。

次にひらがな、カタカナを印刷。
うちのプリンター(CANONです)、新品なのに調子が悪い。
20枚に1枚は途中で印刷が切れてしまう。
今日は10枚のうち、3枚失敗。
やっぱり安いの買い過ぎたかな~?

最後に糊で貼り付け。
合計4時間ぐらいかかってできあがり!

今度はどうやって使うか考えなきゃ。
「ひらがなとカタカナの神経衰弱」は教えてもらったし・・・。
他にも何か楽しい勉強方法がないかな。
[PR]
by olivaalmeria | 2005-04-17 23:50 | クラス準備

アニメソング

「アニメの情報収集なら僕に任せてと豪語する」A君。
オリーブにアニメ曲集をプレゼントしてくれました。
うおぉ~っ、なつかしぃ~。
エースを狙え、キャプテン翼、タッチ、仮面ライダー、
ベルサイユのばらのイタリア語まで数十曲を収録。
なかでもオリーブの思い出のある曲は・・・

☆アタックNO.1
私が3歳ぐらいの頃、写真を撮るのに笑わなくてオリーブ・ママが苦労。
そこで唯一歌えた曲、「アタックNO.1」を歌わせて、
「アタック~、アタック~」の「ア」の部分で写真を撮ったらしい。
すごくよく撮れて、大きく現像。
写真屋さんにも「いい写真だね」って褒められる。
いまでも実家に残ってるよ。

☆花の子ルンルン
「ルルルン ルン ルン・・・」って始まるんだけど、
これを巻き舌で歌うのが、小学校で流行った。
毎日練習したな~。
お陰でスペイン語の巻き舌、得意です!
将来、何が役立つかわからないものね。

☆ キャンディ・キャンディ
なんといっても、キャンディ・キャンディでしょう。
クラスで一番にキャンディの単行本を買って、クラスに持って行ったオリーブ。
その後、大ブーム。
今でも先駆者の気分です!
A君、オリーブのキャンディ好きを知って、音楽だけでなく
テレビで放映された時の、主題歌の映像も入れておいてくれた!
何年ぶりに見たんだろう?
うれしくって、涙がでそうだったよ。

なんで、子供の頃の歌って覚えてるんだろう?
ひとりでパソコンに向かって歌ってると、
となりでアンドレ(夫)の冷たい視線。
こういう時、日本人だったらな~って思っちゃう。
共通の思い出が少ないもんね。
これから作るしかないか。

ところで、当のA君は「クリィーミー・マミ」の大ファン。
イラストもササッと描ける。
お礼に歌詞を聞き取って書いてあげよう。
歌ってる姿がもう目に浮かぶ・・・。
[PR]
by olivaalmeria | 2005-04-16 01:01 | 生徒の趣味を知ろう

合気道仲間

I君、合気道仲間のJ君を連れてきました。
でも、これ以上クラスは増やしたくない。(現在6クラス)
だから、二人一緒に受けて欲しいと提案。
一応、OK.。よかった。

J君はマンガ好きでもあった。
ひらがな、カタカナと、少しの漢字を知っているけれど
数字はまだ1~10も怪しい。
0から始めて4クラスやった(ひらがな終わりかけ)I君と
一緒でも大丈夫でしょう。
それにしても、生徒はこれで9人。
どこまで増えるんだろう?
[PR]
by olivaalmeria | 2005-04-14 23:59 | 今日のクラス

おじゃまします

今日はE君の個人クラス。
「みんなの日本語」の会話練習では、
日本に住む外国人を想定したシチュエーションが用意してあるけれど、
私の生徒達には当てはまらない。
だから引越しの挨拶をしにいくの「ほんの気持ちです」を、
知り合いのお宅へ「おじゃまします」バージョンに変えて、教えてみた。

ピンポーン。
「はい。どなた ですか。」
「アントニオ です。」
「あら、いらっしゃい。どうぞ。」
「おじゃまします。」・・・てな感じに。

1. 最初はシチュエーションの説明。
2. ひらがなに一部漢字(振り仮名付き)の会話を読ませてみる。――― ちょっとぎこちない。
3. 今度は私が読んで、あとに続けさせる。――― これは楽勝。
4. 会話の内容を説明。習っていない単語、重要文の説明。――― 理解したみたい。
5. 実際にドアの外に出て、会話練習。――― プリントを見なくても、ほぼ話せる。彼の暗記力、すごい。
6. 重要文を私が言い、書き取り。スペイン語に訳させる。――― ひらがな、カタカナ、まだ間違える。訳はOK.。
7. 最後にもう一度、全会話を読ませてみる。――― もちろん、最初よりよくなった。細かいチェック。

こんな感じで進めてみました。
E君にはインターネットで知り合った日本人の友達がいて、
また来年にでも日本に行くみたい。クラスの成果を発揮して
友達がびっくりしてくれるようにがんばろう!

帰る時、レッスン代を払うのを忘れているよう。
どうしよう?
でも何も言えず、「また木曜日。」
どうしたらよかったのか。
でも、「お金ください」って言えない。また木曜日来るし、忘れたのはこれが初めて。
いろいろ考えていると・・・
「ピンポ~ン」・・・わざわざお金を払いに戻ってきた。
「言ってくれればよかったのに。」といわれても・・・、ね?
最後に「おじゃましました。」って帰ってった。
エライ!
[PR]
by olivaalmeria | 2005-04-12 23:36 | 今日のクラス

日本人ですか。

近所にパパイヤ鈴木にそっくりな兄ちゃんがいる。
すっごく愛想がいいので、いつもあいさつしてるんだけど
今日はって話しかけてきた。
「聞いてもいいかな?」
「何?」
「きみって、日本人?」
「そうだよ。」
「やっぱり、日本人だと思ってたんだ。中国人たちとは顔が違うし。」
「中国人や韓国人と見分けつくの?」
「つくよ。ドイツに住んでた時に、日本人の友達もいたし・・・・。」

これって、かなりうれしいこと。
スペインでは「アジア人」はみんな「中国人」。
街を歩いていても「China(中国人)」って声をかけられる。
「日本人なんですけど」って抵抗しても、
「みんな同じ顔してるじゃないっ。」って言われるだけ。
まあ、日本で外人がみんな「アメリカ人」なのと一緒だけど・・・・。

でもこのパパイヤ兄ちゃんのように
「私もね、~の国で日本人の友達がいたんだよ!」って言ってくる人は
だいたい親日家。
やっぱりうれしいよね。
それも彼らに印象を与えた日本人達が
プラスの印象を与えてきたってことでしょ。
その人達に、感謝です。

私もプラスの印象を与えるようにしたいな。
[PR]
by olivaalmeria | 2005-04-12 06:25 | スペインから見た日本